運用力 Operational Excellence ecoオペレーション

資源消費や環境負荷の少ない「循環型社会」の構築を推進するため、再び利用できる“循環資源”の再使用、リサイクル推進や優先順位(下表)を定めた、循環型社会形成推進基本法が制定されています(2000年)

1 発生抑制(ごみを出さない)
2 再使用(リユース) 使用済み製品、部品、容器などを回収、修理したり洗浄してから、再び製品や部品、容器などとして使う
3 再生利用(リサイクル) 製品を粉砕・溶解・分解するなどして原材料化したり、部分や部品を用いて再資源化・再生利用する
4 熱回収(サーマルリサイクル) 廃棄物から熱エネルギーを回収する
5 適正処分

年間の利用、廃棄本数は約80,000本程度

乾電池は「資源」として、リサイクル処理の対象となっています。放送サービスセンターが使用している乾電池は、同時通訳(デジタル赤外線)レシーバーに使用されているものを主として、年間の利用、廃棄本数は約80,000本程度になります。

同時通訳(デジタル赤外線)レシーバー

ecoオペレーション

放送サービスセンターは、

  • Panasonicブランドを指定使用し、バッテリーチェックで寿命を適切に把握し、“発生抑制”に努めます。
  • 東京都環境整備公社と契約して乾電池のリサイクル処理を実施し、野村興産 北見市−イトムカ鉱業所で最終処理しています。

私たちは、こうしたオペレーションを「エコ オペレーション」と名称し、資源消費や環境負荷の少ない“循環型社会”構築の推進に協力するよう努めています。

放送サービスセンター > 東京都環境整備公社 > 最終処理:野村興産

野村興産(株)営業資料:「使用済み乾電池リサイクルシステム」より抜粋

page top