ホテル・国際会議場・ホール会館 運用

ホテル 国際会議場 ホール 会館 ・・・ 運用安心のトータル技術サービス

それぞれの施設の一員として、

  • イベント、会議に応じた運用企画、機材のレンタル他、調達を含めた企画
  • 同時通訳、音響、映像、照明設備機材のオペレーション
  • 設備機材のメンテナンス、導入、更新を、技術面からトータルにサポートしています。
    注)施設により、例えば、常駐/非常駐、同時通訳システムに限る等、運用/サポート業務の形態/範囲は異なります。

日本を代表するホテル、国際会議場、ホール、会館からご信頼をいただいてきた技術力に加え、各施設の顧客満足サービスとして仕上げるサービスマインドや、誠実な業務姿勢、機密保持などでもご信頼いただいております。

“持込運用”にお応えします!

各種迎賓施設や庭園、美術館など、設備、機材を臨時に、外から持ち込む必要があるイベント企画にも対応します。

契約運用

  • ホテルオークラ東京
  • 経団連会館
  • ホテル グランドパレス
  • 日本海運会館
  • 日本プレスセンターホール
  • パーク ハイアット 東京
  • 東京国際フォーラム
  • パシフィコ横浜
  • 横浜商工会議所(横浜シンポジア)
  • 東京ミッドタウンホール&カンファレンス
  • 六本木アカデミーヒルズ 49・40
  • 有楽町朝日ホール
  • 露山会館
  • 野村コンファレンスプラザ日本橋
  • よみうり大手町ホール
  • よみうり大手町ホール

運用協力

  • 幕張メッセ
  • 建築会館
  • 大宮ソニックシティ
  • 黒部市宇奈月国際会館 セレネ

運用の現場

 

 “お客様へのサービス”として仕事する!     ホテル事業部 Aホテル営業所長 

ホテルでの業務で何よりも心がけることは、“お客様へのサービス”として仕事することです。言葉使い、服装身だしなみなどの基本、お客様を中心にして端を歩くなど、すべてに気配りします。

技術スタッフの仕事は “お客様が望んでいると思われることを技術的に形にする” ことです。ホテルの施設/設備/機器を前提にしながら、お客様の希望を、音響、照明、映像面から形にしますが、越えるリクエストについても対応する提案をし、お応えできない場合や妥協していただく場合でも、納得していただくよう努めます。
例えば、ご結婚披露宴では、ご自分で制作したBGM音楽やプロフィールビデオをお使いになる例も多く、事前に持参していただきテストする、あるいは仕込み設営、リハーサルなど、準備にも丁寧に対応しています。

運用現場からの感想として、システム機器を企画、設計、提案する企業には、「使う側の意見、運用現場の意見を取り入れて欲しい」と思います。人が使って本当に良いなと思うような作りになっているか、コスト面も含めて、人が求めているものを丁寧に把握していただきたいと思います。

(社内コード09– HN)

 
 

 内容、規模、必要に応じて展開できる強み    ホテル事業部 Bホテル営業所長 

私達が担当常駐するホテルでは、同時通訳を行う国際会議が年間を通じ多数入ります。日本語/英語の 同時通訳がほとんどですが、時には3ヶ国語、4ヶ国語と、多言語の同時通訳にも対応します。放送サー ビスセンター所有の最新のシステム機器を使用し、柔軟で、ご満足をいただける運用を展開しています。
宴会場でディスコパーティーを行う事もあります。放送サービスセンター本体の、PAシステム、運用 技術スタッフと、常駐する私達技術スタッフの共同作業で、常設ディスコ会場の音響に近い音響空間を 実現します。内容、規模に応じて、会社全体として、人材、システム、機器を必要な場面で展開できる のが、放送サービスセンターの強み、特徴です。

4月から、新入スタッフの配属、研修がスタートしましたが、まず、ホテルの一員としての接客の姿勢、 態度、行動を体得してもらうこと、設備機器はもちろん、出入口から倉庫、配線や取り口、電源の把握を してもらいます。やがて、システムを企画運用できるように、さらには、映像や照明業務、スタッフとの 連携、営業サポートとしてお客様との企画打ち合わせに出て、技術スタッフとして的確な役割が果たせる ようになってもらう…といった、成長、育成プロセスがあります。

音響と同様、映像にも力を入れ、ホテルを利用されるお客様にご満足いただける、システム/運用を展開 してゆきたいと思います。

(社内コード15– YY)

 

運用形態

常駐運用
常駐運用は、業務請負契約により、技術スタッフが契約先に常駐し、設備、システム機器を運用させていただき、管理面、更新等にも協力。開催される会議やイベントの件数が多い施設、会場での形態になります。

応時運用
常駐まで必要ないが、会議やイベントが開催される等、必要に応じて、施設の設備、機器システムに精通した技術スタッフにより運用サポートさせていただきます。開催会議やイベント件数が少ない場合の形態になります。

指定運用/指名運用/運用協力

  • 「指定業者として選定」いただく例は、施設、会場を利用いただく際、当社の利用をご指定いただくものです。
  • 「指名業者として選定」いただく例は、施設、会場を利用いただく際、当社の利用を指名推薦いただくものです。
  • 「運用協力」は、契約や条件の定めは無いものの、現場運用レベルで相互協力させていただくものです。

いずれも、指定や指名、運用協力のご配慮に対し、当社として、施設の設備、機器システムへの精通、管理面、更新等にも協力させていただき、安心して施設運営できる体制づくりに貢献させていただいております。

 
 

ホテル事業部 (本社)

〒160-0003
東京都 新宿区本塩町9番地
光丘四谷ビル
Tel. 03-3357-3712
Fax.03-3357-3082

 

コミュニケーション事業部 (両国営業所)

〒130-0023
東京都墨田区立川2-14-5
Tel. 03-3846-5511
Fax.03-3846-5510

 

page top